法人のお客様個人のお客様

「当たり前のことをまじめにきちんとやる」

今、法曹人口の大幅増加により、弁護士業界は大きく変わりつつあります。そのような激動の時代の中で、私たちは二つの問題を感じています。 一つは、敷居が高すぎたと言われるこれまでの弁護士の問題。もう一つは、一定の水準さえ満たしていないという今の弁護士の問題です。

私たちが、依頼者からご相談を受けるにあたり、まず心がけるのは依頼者の方が本当に求めておられることは何か、本当のお気持ちはどのようなものかということをしっかり把握することです。そのためには私たち弁護士が依頼者の皆様にとって相談しにくい状況を作ってしまってはいけません。依頼者の皆様にとって一番の解決を一緒に考え、支援させていただくことこそが私たちのミッションであり、常に相談しやすい弁護士であることを心がけています。

また私たちは弁護士という法律専門家の資格を受けて皆様のご相談に対応させていただいている以上、どのような案件であっても、必ず他の法律事務所ではなく私たちの事務所に依頼して良かったと言われる、弁護士として一般に求められる水準以上の仕事を行うことを心がけています。これは本来、弁護士として求められる「当たり前」のことのはずですが、弁護士人口が大幅に増加し、個々の弁護士のサービスや質の低下が懸念されている昨今、残念ながら、全ての弁護士が実践できているとは言えません。

私たちは、常に新しい知識の吸収と研鑽を怠ることなく、依頼者の皆様とともに、最良の解決を目指し、愚直に、まじめに事件に取り組みたいと考えております。

「当たり前のことをまじめにきちんとやる」

スター綜合法律事務所はそういう法律事務所です。

  • 冨宅弁護士
  • 吉村弁護士
  • 久保弁護士

事務所からのお知らせ

記事一覧を見る

2016年09月27日
平成28年10月23日姫路労働会館にて,冨宅恵弁護士が整骨院経営者向交通事故セミナーに登壇します。
2016年07月22日
弁護士冨宅恵が平成28年7月22日,「コープ耳成」において「専門家によるくらしの相続問題セミナー」に登壇しました。
2016年03月25日
弁護士冨宅恵が平成28年4月23日,「コープおしくま」において「専門家によるくらしの相続問題セミナー」に登壇します。
2016年03月11日
弁護士冨宅恵が平成28年4月21日,日生ライフプラザ本店において「遺言相続セミナー」に登壇します。
2016年03月10日
藤原誠弁護士が平成28年3月30日堺市産業振興センターにおいて「弁護士による遺言相続セミナー」を開催します。
2016年03月06日
商標担当者としておさえておきたいプロダクトデザイン保護法 講演レジュメ
2016年02月18日
弁護士冨宅恵が平成28年3月4日一般社団法人商工会館にて「商標担当者としておさえておきたりプロダクトデザイン保護法」について講演を行います。
2016年02月13日
冨宅恵弁護士が平成28年2月21日,カネージュビルにおいて交通事故セミナーを開催します。
2016年01月19日
弁護士久保陽一が1月19日「遺言セミナー」にて講演しました。
2015年12月16日
弁護士冨宅恵が12月15日「遺言セミナー」を開催しました。
2015年11月24日
パートナー弁護士 吉村洋文が大阪市長選で当選いたしました。
2015年10月06日
著書「プロダクトデザイン保護法」に対するブログでの評価
2015年08月26日
弁護士冨宅恵が11月10日(火)「遺言セミナー」を開催いたします。
2015年08月26日
弁護士冨宅恵が11月4日(水)「遺言セミナー」を開催いたします。
2015年08月26日
弁護士久保陽一が10月20日(火)「遺言セミナー」を開催いたします。
2015年08月26日
弁護士久保陽一が10月3日(土)「遺言セミナー」を開催いたします。
2015年08月26日
弁護士冨宅恵が8月26日(水)「遺言セミナー」を開催いたしました。
2015年07月23日
新著「プロダクトデザイン保護法」のご案内 ・ 弁護士 冨宅恵
2015年07月13日
弁護士冨宅恵の新著書「プロダクトデザイン保護法」発刊のお知らせ
2015年07月02日
遺言・相続セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2015年04月27日
整骨院セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2015年04月17日
4月26日(日)整骨院セミナーにて弁護士冨宅恵が登壇いたします。
2015年04月15日
7月1日(水)遺言セミナーに弁護士冨宅恵が登壇いたします。
2015年04月15日
遺言セミナーで弁護士久保陽一が登壇いたしました。
2015年04月03日
4月14日(火)遺言セミナーに弁護士久保陽一が登壇いたします。
2015年03月17日
弁護士による交通事故セミナーで冨宅恵・久保陽一 両弁護士が登壇いたしました。
2015年03月14日
スター綜合法律事務所のホームページをリニューアルしました。
2015年02月13日
遺言による「争続」対策編セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2015年01月01日
事務所の名称をスター綜合法律事務所に変更いたしました
2014年11月28日
遺言による「争続」対策編セミナーで弁護士久保陽一が登壇いたしました。
2014年11月11日
意匠商標部会・訴訟実務部会のセミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2014年11月11日
「意匠・不正競争防止法に関する訴訟実務」について弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2014年10月08日
遺言による「争続」対策編セミナーで弁護士久保陽一が登壇いたしました。
2014年02月03日
弁護士・税理士による遺言・相続セミナーで弁護士吉村洋文が登壇いたしました。
2013年11月22日
弁護士・税理士による遺言・相続セミナーで弁護士久保陽一が登壇いたしました。
2013年11月12日
弁護士・税理士による遺言・相続セミナーで弁護士久保陽一が登壇いたしました。
2013年10月17日
弁護士・税理士による遺言・相続税セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2013年08月26日
弁護士による遺言・相続セミナーで弁護士藤原誠が登壇いたしました。
2013年05月27日
弁護士・税理士による遺言・相続税セミナーで弁護士藤原誠が登壇いたしました。
2013年05月27日
弁護士による遺言・相続セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2013年05月27日
弁護士・税理士による遺言・相続税セミナーで弁護士藤原誠が登壇いたしました。
2013年05月17日
弁護士による遺言・相続セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2013年05月11日
弁護士による遺言・相続セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。
2011年09月16日
弁護士による遺言・相続セミナーで弁護士冨宅恵が登壇いたしました。

メディア掲載のご案内

記事一覧を見る

2016年10月29日
冨宅恵弁護士が弁護士がドットコムにおいて,「『パロディーTシャツ』販売で店長ら逮捕...弁護士『権力の介入、萎縮効果が大きい』」にコメントしました。
2016年10月27日
冨宅恵弁護士がNHK「ニュースシブ5時」,「ニュースほっと関西」において商標パロディーについてコメントしました。
2016年09月30日
弁護士冨宅恵が弁護士ドットコムにおいて「『脱獄』iPhone販売で初摘発、なぜ商標法違反?弁護士『特異な事例ではない』」にコメントしました。
2016年07月22日
弁護士冨宅恵が弁護士ドットコムにおいて「トランプ夫人『盗用』スピーチライターが認める...演説の盗用は法的にアウト?」にコメントしました。
2016年04月14日
弁護士冨宅恵が「弁護士ドットコム」において「パロディ腕時計『フランク三浦』の商標登録が一転『有効』、判断の分かれ目は?」にコメントしました。
2016年03月28日
弁護士冨宅恵が弁護士ドットコムにおいて,「ヤマザキナビスコ、契約切れで『リッツ』『オレオ』販売終了へ・・・もう作れないの?」にコメントしました。
2016年01月13日
弁護士冨宅恵が「弁護士ドットコム」にて「『サルの自撮り』著作権認めない判決、人間との線引きは厳格なものだった」にコメントしました。
2015年12月16日
総合オピニオンサイト「iRONNA」において弁護士冨宅恵が「法改正しても穴だらけ 日本の知的財産はまだまだ盗まれる」にコメントしました。
2015年10月30日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「『偽ナイキ』販売で衣料品店主を逮捕・・・ブランドの『コピー品』売買は犯罪なのか?」にコメントしました。
2015年10月30日
朝日新聞にて弁護士冨宅恵が「ノンアル特許訴訟サントリーが敗訴 『アサヒが侵害』訴え棄却」にコメントしました。
2015年09月04日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「有料画像の無断使用『無料サイトで見つけた』主張を認めず―『画期的判決』なのか?」にコメントしました。
2015年08月21日
産経新聞にて弁護士冨宅恵が「服飾業界 イタチごっこ続く 横行パクリ線引きは」にコメントしました。
2015年06月22日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「救急車の利用を『一部有料化』すべき...財務省審議会の提案を弁護士はどうみる?」についてコメントしました。
2015年06月01日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「中国・復旦大学が東大プロモビデオ「盗作騒動」で謝罪---著作権侵害はあったのか?」についてコメントしました。
2015年05月22日
日経新聞にて弁護士冨宅恵が「漫画使用権で詐欺被害 パチンコ、キャラ争奪過熱」にコメントしました。
2015年04月26日
Sankei Bizにて弁護士冨宅恵が「弱い立場つけこみ『知財』横取りする大手、中小が技術を守る方法はあるか?」にコメントしました。
2015年04月23日
産経新聞にて弁護士冨宅恵が「取引先の圧力、下請けの弱み・・・中小『知財』大手にポロリ」にコメントしました。
2015年04月21日
産経WESTにて弁護士冨宅恵が「弱みにつけこみ『知財』横取り...汚い大手のやり口に中小が反撃する方法がある!!」にコメントしました。
2015年04月15日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「人気アニメ『キャラクター使用料』めぐる巨額詐欺 パチンコメーカーが騙されたワケ」 についてコメントしました。
2015年04月15日
産経新聞にて弁護士冨宅恵が「関電『原告』戦略に完敗」にコメントしました。
2015年03月27日
産経新聞にて弁護士冨宅恵が「技術流出 競争力損なう」にコメントしました。
2015年03月24日
週刊ダイアモンドオンラインにて弁護士冨宅恵が「サントリーがアサヒを提訴 ノンアル戦国時代の幕開け」にコメントしました。
2015年03月18日
弁護士冨宅恵が一部執筆した共著「特許審決取消判決の分析」が商事法務より発売されました
2015年03月09日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「『腹くう鏡手術』8人死亡」事件についてコメントしました。
2015年02月02日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「『刑事告発』された小保方さん」についてコメントしました。
2015年02月01日
産経新聞にて弁護士冨宅恵が「高浜原発 司法どう判断」についてコメントしました。
2015年01月31日
夕刊フジにて弁護士冨宅恵が「グリコ 韓国ロッテを提訴の顛末」についてコメントしました。
2014年11月23日
産経新聞にて弁護士冨宅恵が「特許の審査情報共有へ」にコメントしました。
2014年08月28日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「理研『再生アクションプラン』を読む」についてコメントしました。
2014年08月15日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「『ゾンビドラマ』著作権的に問題ないのか?」にコメントしました。
2014年07月17日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「『号泣』野々村元県議」についてコメントしました。
2014年06月13日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「理研改革委の「提言書」を読む」にコメントしました。
2014年06月13日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「理研改革委の『提言書』を読む」にコメントしました。
2014年05月23日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「ASKA、覚せい剤」についてコメントしました。
2014年04月09日
読売新聞にて弁護士冨宅恵が『STAP細胞』問題についてコメントしました。
2014年04月07日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が『STAP細胞』問題についてコメントしました。
2014年03月29日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が『STAP細胞』問題についてコメントしました。
2014年03月13日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が『STAP細胞』問題についてコメントしました。
2014年02月27日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「『玉突き事故』 真ん中の車は被害者?」についてコメントしました。
2013年08月27日
弁護士ドットコムにて弁護士冨宅恵が「治療薬『データ改ざん事件』」ついてコメントしました。
2013年07月14日
弁護士ドットコムにて、弁護士冨宅恵が「無資格で『弁理士業務』の男を逮捕」についてコメントしました。
2013年04月23日
弁護士ドットコムにて、弁護士冨宅恵が『輸血拒否』 患者が「意識不明」の場合についてコメントしました。
2013年03月25日
弁護士ドットコムにて、弁護士冨宅恵が「救急搬送なのに『病院たらい回し』」についてコメントしました。
2013年03月06日
ダイヤモンドオンラインにて、弁護士冨宅恵が「自転車事故で加害者になってしまった」についてコメントしました。
2012年09月20日
FNNスーパーニュース アンカーにて、弁護士冨宅恵が不正競争防止法違反に関する判決について解説をしました。
2012年08月22日
朝日新聞、毎日新聞、日経新聞で、大阪高裁での逆転無罪判決が報道されました

検索キーワードから読み解く法律

記事一覧を見る

弁護士視点で知財ニュース解説

記事一覧を見る

新着情報

2016年11月20日
私は,父と一緒に会社を経営しており,父が亡くなった後も経営を続けていくつもりです。ただ,父の財産といえば,私と一緒に経営している会社の株式と自宅マンションくらいしかありません。父が亡くなったときに,私の兄弟から遺産分割を求められると,会社の経営事態が困難になる可能性があります。なにかよい手だてはないでしょうか?を更新しました
2016年11月18日
「相続」という言葉以外に,「贈与」,「遺贈」という言葉を聞いたことがあるのですが,どのような違いがあるのですか?を更新しました
2016年11月18日
私の両親はまだまだ元気なので,当分の間,相続の問題は私には関係ないと思うのですが。を更新しました
2016年11月18日
私の実家には多額の財産があるわけではないので,遺産相続は関係ないと思うのですが?を更新しました
2016年11月18日
相続人の間で人間関係まで崩壊してしまわないようにするにはどうすればよいのでしょうか?を更新しました
2016年11月18日
遺産相続の問題は,"難しい"とよく聞くのですが,一体どのようなところが難しいのですか?を更新しました
2016年11月18日
父は,売買契約により第三者に土地を譲渡しました。ところが,買主は,移転登記をしないまま放置し,父は亡くなりました。 買主は,私たち相続人に対し,移転登記を求めてきています。私たちはこれに応じなければならないですか?を更新しました
2016年11月18日
相続税とは,どのような税金ですか?を更新しました
2016年11月18日
中小企業経営承継円滑化法では,事業承継時の相続税軽減措置がとられるとのことですが,具体的にはどのような軽減措置がとられることになるのですか?を更新しました
2016年11月18日
私は遺産分割協議の結果,父が残した骨董品を相続することになり,兄は自宅に保管されていた現金を相続しました。何か手続をしておかなければならないということはありますか?を更新しました
2016年11月18日
相続の対象となり,相続人が引き継ぐものにはどのようなものがありますか?を更新しました
2016年11月18日
最近,遺言書を作成される方が多いと聞いたことがあるのですが,なぜ遺言書を作成しておく必要があるのですか?を更新しました
2016年11月18日
私は,父の下で家業を手伝い,父は財産を残して亡くなりました。私には姉と弟がいますが,姉は嫁いで専業主婦をしており,弟も家庭をもって勤めに出ています。遺産分割の協議で,姉や弟は,法定相続分を主張し,私に平等に分配するようにもとめています。私の貢献があったからこそ現在のような遺産が残っているのですが,私は弟や姉と同じ相続分しか受けることができないのでしょうか?を更新しました
2016年11月18日
私は,父の事業を引き継いでいるため,父所有の土地と工場を,父が生前贈与してくれていました。遺産分割のとき,私が生前父から譲り受けた土地や工場について相続分の中に含まれてしまうのでしょうか?を更新しました
2016年11月18日
相続人の遺留分が侵害されている場合,自らの遺留分を確保するためにはどのようにすればよいのですか?を更新しました
2016年11月18日
父は,遺言書を残して亡くなったのですが,遺言書には母と弟に遺産の全てを相続すると記載されていました。私は,父の遺産を全く相続することができないのでしょうか?を更新しました
2016年11月18日
父がなくなったのですが,父は多くの資産を残してくれたのですが,多額の負債もあるようで,相続すべきか相続放棄をすべきかなやんでいます。どうすればよいでしょうか?を更新しました
2016年11月18日
父は,生前事業を営んでいたのですが,多額の負債を残して亡くなりました。私や他の相続人が父に代わり借金の支払いをしなければならいのでしょうか?を更新しました
2016年11月18日
複数の相続人がいるときに,それぞれの相続人が遺産を受けることができる割合について教えてください。を更新しました
2016年11月18日
相続人がだれもいないとき,遺産はどうなるのですか?を更新しました

日本加除出版より
「プロダクトデザイン保護法」を出版いたしました。

プロダクトデザイン保護法

商品・空間・情報を対象とした
デザインの法的保護

「意匠法」「商標法」「著作権法」「不正競争防止法」「不法行為法」を適用する、可能性と順序を明示。
基礎となる条文・基本判例76件の要点解説を収録した、知財入門者にとっても読み解きやすく、理解に適した内容。

詳細はこちらをご覧ください

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分